山王口接骨院
ブログ

sp_bn01.png
メールでのお問い合わせ

2016.01.30更新


こんにちわ(^O^)   山王口接骨院の佐藤です(^_^)/

ストレッチについて、ブログで色々なやり方をお伝えしていきます!


第2回目のストレッチは、現代人の悩みのパート2!
背中『肩甲骨周辺』に効くストレッチをご紹介したいと思います(^^)/

これは自宅や職場にでも簡単にできると思います。


まず、どこの筋肉を伸ばすかと言うと・・・

今回は『広背筋と僧帽筋』
この2つの筋肉をで伸ばすストレッチを紹介します。


この筋肉が、広背筋になります(^-^)/





次が僧帽筋になります(^o^)/





では、ストレッチのやり方に行きましょう(^O^)/


① 僧帽筋のストレッチ
   
1、手を伸ばし前でくみます。






2、アゴを引いて、背中を丸めて組んだ腕を前に押し出すように意識してやります。







② 広背筋のストレッチ

1、片手を頭の後ろに持っていき、肘を曲げる              
    反対の手でその肘を掴みます。
                    
< 前からの状態 >






< 後ろからの状態 >






2、掴んでいる手の方向にカラダを倒していきます。







ポイント!
カラダを横に倒し斜め前に倒すとより伸び~~ますよ^∇^)/
                  

伸ばす時にはゆっくり息を吐きながらやりましょう!
息を止めると伸びなくて効果減りますよ(>_<)

力強くやると痛める可能性があるので注意してください。

実際にやってみましょう( ´ ▽ ` )ノ

投稿者: 山王口接骨院

2016.01.25更新


山王口接骨院 院長の金子です(^o^)/


今回は前回の続きでもある
『 施術効果と時間経過 』 についてお話ししますね(^-^)/

まず、下の図を見てください。





縦は施術効果を、横は時間経過と考えてください。


施術効果は、時間経過とともに無くなってしまいますよ~ っていう図になっています。


例えば・・・

施術効果が無くなってから次の施術をしてもいたちごっこ状態で良くなりません(>_<)


しかし、この施術効果が無くなる期間は人それぞれ!

1日で戻ってしまう人もいれば、1週間で戻る人もいる。

患者さまの歪みの程度や症状によって異なってしまうのです!!



今度は、次の図を見てください。





効果が無くなる前に次の施術をして、
効果をどんどん上げていきますよ~ っていう図になっています。


言われてみれば、当たり前ぢゃんっていう話なんですが・・・(^_^;)

意外と皆さんこの考えには至らないのです。


なので、
痛みがある時や症状が強く現れている時には間隔をつめて施術を行ない、
ある程度のレベルまで回復したら間隔を広げていく。

この様なペースで施術をしていくと効果もアップするんですよ(^o^)/

投稿者: 山王口接骨院

2016.01.23更新


山王口接骨院 院長の金子です(^-^)/


『治療の頻度はどれくらいが良いの?』

患者さまからよく聞かれる質問なので、
ブログでもお話ししますね(^^)/


まず、患者さまのお身体の状態によって治療ペースは異なります。

なので、条件別で記載していきます。


■ じっとしていても痛みがある。動かすと痛みが強まる。

このような方は、毎日もしくは1日おきに処置した方が良いです。


■ 動かすと痛みが出る。

このような方は、1日~3日おきに処置した方が良いです。


■ コリがひどい

このような方は、1日~3日おきがオススメ!


■ 体が重い、重だるい

このような方は、3日~5日おきがオススメ!


■ 骨盤・背骨のゆがみが気になる

このような方は、5日~7日おきがオススメ!


簡単に言うと、
痛みやシビレがある時 ⇒ 週に2回以上(症状が強い場合は3回以上)。
コリやはり感がある時は ⇒ 週に1回以上(症状が強い場合は2回以上)。


ただし、
年齢が高くなると回復力が低下してくるので、

50歳以上の方は1.5倍
70歳以上の方は2倍

のペースで処置していくと本当は良いのですよ!


一日でも早くお身体を良い状態に戻すためにも
アドバイス・注意点等も意識してみてくださいね~(^_^)/

投稿者: 山王口接骨院

2016.01.14更新


こんにちわ(^O^)   山王口接骨院の佐藤です。

今回からストレッチについて、ブログで色々なやり方をお伝えしていきます。


第1回目のストレッチは、現代人の悩みの首肩に効くストレッチをご紹介したいと思います。
これは自宅や職場にでも簡単にできると思います。


まず、どこの筋肉を伸ばすかと言うと・・・

《僧帽筋と肩甲挙筋》この2つの筋肉をメインで伸ばすストレッチです。


この筋肉が、僧帽筋になります(^o^)/






次が肩甲挙筋になります(^o^)/







では、ストレッチのやり方に行きましょう(^O^)/


① 背筋を伸ばして、軽く胸を張り、イスの下から手の平で掴む






② 逆の手で伸ばしたい側の側頭部を触る






③ その後、頭を横や斜め前に倒して、ゆっくり伸ばして
20~30秒キープ






◆◇◆◇ ポイント ◆◇◆◇

伸ばす時にはゆっくり息を吐きながらやりましょう。

息を止めると伸びなくて効果が減りますよ!

力強くやると痛める可能性があるので注意してください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

実際にやってみましょう(^_^)/

投稿者: 山王口接骨院

2016.01.07更新


こんにちは~!

最近、腹筋が少し割れてきた山王口接骨院の後藤です(^^)/


正月はいかが過ごされたでしょうか?


やっぱり、気になるのは正月太りですよね(^_^;)


ダイエットは、
基本的には『 摂取カロリー 』と『 消費カロリー 』のバランスです。


いくら食事制限をしても栄養のバランスが崩れると一時的には落ちても、
筋肉量も落ちたりして代謝が悪くなってリバウンドしやすくなったり、
余計に飢餓に備えて脂肪を溜め込みやすくなります。

バランスの良い食事を心掛け、適度な運動が一番ですね!


あとは、やはり筋肉をつけて有酸素運動することが効果的です(^^)/

今、手軽に出来るフィットネスも増えてきてますしね!


有酸素運動であれば、
『 いつもより遠回りで帰る 』『 階段を使うようにしする 』など
日常生活に取り入れることも出来ます。


目安としては、一般的にはBMI指数が知られています。

体重(kg) ÷ ( 身長(m)×身長(m) )で求められます。

標準は『 22 』だそうです。

普通体重としては『 18.5以上 25未満 』だそうです。

ご参考までに!(^^)


体重計に乗る習慣をつけることも大事ですよ!

あんまり痩せすぎも問題ですが・・・(^_^;)


『 バランスの良い食事 』『 運動 』『 睡眠 』を心掛け、
生活習慣病にならないよう気を付けましょう(^_^)/

投稿者: 山王口接骨院

2016.01.04更新


山王口接骨院 院長の金子です(^-^)/


あけましておめでとうございますm(__)m

本日より通常通り営業いたします。


年末年始、皆さんはどう過ごされましたか?


私は、今年はじめて七福神巡りなるものをやってみました(^^)

旧東海道をずっと歩いて巡ってみたのですが・・・








ちょっと筋肉痛になってしまいました(^_^;)


各社で七福神をいただき、全て巡ると七福神宝舟が完成するんです!

可愛い宝船が出来上がったので、治療院に飾っておきますね(^-^)/



投稿者: 山王口接骨院

山王口接骨院ブログ 患者さんのお声 Facebook